H29.5.30 ちまき作り H29.3.14 天ぷらバイキング H29.3.3 ひな祭り H29.2.3 節分豆まき+おまけ 
      H29.1.14 新年会 H28.12.10 クリスマス会 H28.10.22 芋煮会 H28.9.10 敬老会 H28.8.6 夏祭り

☆節分豆まき&おまけ☆

    
2月3日(金)、節分の豆まきが行われました。

節分は、春を迎える立春の前日であり、季節の分かれ目という意味があります。

その季節の変わり目には邪気が入りやすいとされ、邪気を払うために豆まきが行われるようになった由来があるそうです。

星風苑でも各ユニットで豆まきが行われ、今回は、その様子をお伝えします!
さあ、これから入居者様が集合して豆まきの始まりです!!
皆さん、鬼を追い払う為、やる気満々の表情ですね〜


職員が鬼役のようです。
普段イケメンのリーダーも今日は鬼にしか見えないですね〜

鬼が自ら鬼退治用の豆を配ります(笑)
日頃の恨みを込めて(笑)、鬼に豆をぶつけます!

「鬼は外〜 福は内〜」
「鬼は外〜 福は内〜」

ストレス解消ですね!
楽しそうです!!

あちこちのユニットから豆まきの元気な掛け声が聞こえていました。
鬼のお面が気に入った様子の入居者様。笑顔が素敵すぎです!!
節分の日という事で、昼食は行事食でした。
節分らしく、お豆やいわしを使ったメニューとなっています。

《昼食MENU》
・豆ごはん
・大根と豆腐のけんちん蒸し 揚げ茄子添え
・いわしのかつお煮
・一口蕎麦
・甘納豆
《 おやつ 》
・おにプリン

 赤鬼をイメージして、イチゴ味のババロアでした

☆豆知識☆

◎節分にお蕎麦を食べる意味
現在では年の終わりに「年越し蕎麦」を食べますが、江戸時代には立春から新年が始まると考えられていたので、節分に年越し蕎麦が食べられていました。現在は「節分蕎麦」として食べられています。
◎節分にいわしを食べる意味
色々な説がありますが、鬼は、いわしを焼いたときの煙や、その生臭いにおいが嫌いといわれ、家内に鬼を寄せ付けないようにする為に、食べられるようになったと言われています。
最近は、節分=恵方巻きのように感じますが、恵方巻きは関西圏の食文化の為、福島では昔は恵方巻き自体を知りませんでした。
また、関東の一部では、節分にけんちん汁を食べる風習があるようです。
けんちん汁は、一旦具材を炒めたものを汁にするので油分が入り、寒いこの季節に食べられる習慣が多く、節分だからと言うよりは、冬の行事の際に温かい汁物として選ばれていたようです。

暦の上では立春を向かえ春になりますが、今年は雪も日も多く、まだまだ寒い日が続きます。
私達スタッフは入居者様が今年もきれいな桜の花を見に行けるよう、体調の変化等を読み取り、健康管理に努めて参ります。

☆おまけ☆

2月14日(火)バレンタインデーでした♪
皆さんも大好きな人やいつもお世話になっている人などに、チョコレート等の贈り物をしたのではないでしょうか。
今ではメジャーな国民の行事になっていますよね。

星風苑でも入居者様へ日頃の感謝の気持ちを込めて、バレンタイン特別メニューを提供させて頂きました☆
《 V.D特別メニュー 》

・ハートのオムライス
・ハートのコロッケ
・かぼちゃサラダ
・蕪のスープ
・チョコババロア

ハートいっぱいの昼食に、「今日は何かあるの?」と不思議がる入居者様もいらっしゃいました(笑)が、皆さん、嬉しそうに召し上がっていらっしゃいました。